株式会社JHT(ジャパンハーティツアーズ)

ラクロスと吹奏楽・ジャズ・アカペラの旅行会社
株式会社JHT(ジャパンハーティツアーズ)

ジャズ

ステラジャム 10のユニークな特徴

1.教育優先

image ステラジャム(国際ジャズ・オーケストラ・フェスティバル)のテーマは「Get Better !」。他団体との順位争いよりも、自己の上達を優先する教育イベントです。したがって、ノミネートされた上位数団体とチャンピオン3団体以外は発表しません。上位ノミネート団体についてもグランプリ以外の序列は公表されません。また2018年に新設されたベストポイントアップ賞は、昨年の点数と比べて一番伸びた団体を表彰します。昨年からの順位の伸びではなく「点数」の伸びというところに、Get Betterの精神が生きています。

2.公平性

image 審査員は6名の現役ミュージシャンで、それぞれ楽器はトランペット、トロンボーン、サックス、ベース、ドラム、ピアノです。6名のうち最高点と最低点はカットされ、中間4名の合計で審査されます。感覚的にわかりやすくするため、最終的には4で割って100点満点換算します。課題曲総得点は課題曲得点の中間4名合計点(A)、自由曲総得点は自由曲得点の中間4名合計点(B)です。また、総合得点は総合得点の中間4名の合計点(C)となります。どの審査員の採点がカットされるかは、課題曲、自由曲、総合のそれぞれで異なるため、A+Bの合計とCは異なります。そのため、A+BのほうがCよりも大きくなる場合もあり得ます。Stellar Jamチャンピオン(グランプリ)は総合得点の中間4名の合計で評価されます。A+Bの合計では順位が逆転する場合がありますけれども、グランプリはあくまでも総合得点における最高点と最低点カットで決まります。なお、他団体との順位争いよりも自己の上達を優先する「Get Better」の精神に照らすなら、A+BかCかという比較よりも、今年のA+Bと来年のA+Bを(あるいは今年のCと来年のCを)比較して、成長を確認することに意義があると考えています。

3.課題曲

image オリジナルな課題曲を用意しています。全団体が同じ条件で技術力を競い合えるように配慮したものです。これまで、Tom Kubis、津崎知之、枡田咲子、相川等、挾間美帆などの作曲家に制作を依頼。

4.多角的評価

image 自由曲では技術力だけでなく、ショー性、構想力、オリジナリティなどを評価します。ユニークさを競い合うためです。また、ベストセクション賞、ベストMC賞、ベストリードトランペット賞などを設け、さまざまな角度から評価を行ないます。そして課題曲の優勝バンド、自由曲の優勝バンド、総合優勝バンドの3種チャンピオンを選出します。

5.公開性

image 6名の審査員は、バンド演奏中にリアルタイムコメントを録音。さらに収録された音源は演奏動画とともに、後日YouTube公開されます。これによって自バンドの評価はもとより、他バンドの評価との比較検討も行なえます。また過去のコメントを確認することで、自バンドの成長を検証できます。

6.著作権

image 著作者へのリスペクトを育みます。譜面に手を加える場合はもとより、出版されていない曲については採譜(耳コピ)して演奏するにあたっても、著作権者の書面での許可が必要となります。コピー譜の使用はもちろんNG。かならず自分のバンドで購入した譜面の使用が求められます。

7.指揮の推奨

image 課題曲のテンポオーバーや、演奏のタイムオーバーは大きな失点につながります。また後述する生音のバランスを確認する意味でも、ステラジャムで演奏する場合、指揮者の役割は大きいと考えています。ステラジャムとして指揮者が立つことを強く推奨しています。ベストコンダクター賞も設けています。今後、特に課題曲には、指揮者が立つことをルール化することも含め検討します。

8.生音主義

image ステラシアターは3000席の大きなホールですが、ピアノ、ソロ、MC以外は基本的に生音です。アンプにもマイクは立てず、ライン出力もしません。会場スピーカーにもモニタスピーカーにも、上記(ピアノ、ソロ、MC)以外の音は出ませんので、生音を聞きあって演奏します。また生音を会場にどう届けるかという視点で演奏することになります。生音については、さまざまな意見があるかと思います。管楽器にも1本ずつマイクを立て、リズム楽器もすべてマイクで拾う、いわばレコーディングスタジオのような環境を理想とし、ホール演奏もそれに近づけるべきという考え方があるのは承知しています。それがひとつの理想の極とすれば、もうひとつの極は「生音」であるとする考えもあります。また、管弦楽団のようにホールそれ自体を楽器の一部と考え、「完全な」音響が保証されない会場では良い演奏ができないとする姿勢もあるでしょう。しかしビッグバンドという形態は、ダンスホール、テレビスタジオ、ライブハウス、商業施設、野外など、さまざまな場面で演奏することが要求されます。いかなる環境にも適応できる能力が、ビッグバンドに求められる基礎スキルのひとつであるとする意見もあります。ステラジャムでは生音をひとつの理想と考え、生音のアンサンブルを磨くプロセスに多くの学びがあると考えます。

9.時間管理能力

image 課題曲は指定テンポを超えて速く演奏すると減点対象となります。また、持ち時間を超えた演奏はタイムオーバーとして減点されます。これらの情報は運営スタッフ間でLINEによってリアルタイムに共有され、審査に反映されます。音楽家に必要な時間管理能力を育てるためのルールです。

10.バンド間の交流

image 交流パーティーを兼ねた初見大会というイベントを用意しています(大学生の部のみ)。各バンドから選出された混成メンバーのセレクトバンド6団体によって勝敗を決します。またステラジャムテーマ曲の「Star Bridge 〜星空にかける橋〜」が繰り返し流されて、出場団体の連帯を強めます。Star Bridgeにはロックボーカル版、ラテン器楽版、ラテンピアノ版、サックスコンボ版、アカペラ版、ディスコ版などさまざまなバージョンが存在します。表彰式の得賞歌には、この曲のバラードピアノ版が使われています。このほかにも、透明な記念楯やトロフィー、参加賞としてのフレーム入り集合写真、特製スポーツタオル(マネージャーや初見大会出場者向け)などオリジナルグッズを多数ご用意して、ステラジャム体験を思い出深いものにしています。中高生の部には、富士急ハイランドでの演奏機会もご用意しています。
ページ先頭へ戻る